HOME / パーティーレポート
  • 2年間過ごした「インド感」を盛り込んだ結婚式!

    2016年9月16日
    深山家 田中家

Q.お二人の結婚披露宴で「ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ」をお選びいただきました理由を教えてください。
  • 新婦の両親と同じく、ニュースカイで結婚式を挙げるのが夢でした。
    また、25階「ブランミュール」の眺望が素晴らしく、埼玉から出席する新郎の親族たちに熊本を一望して楽しんでもらいたいと思い選びました。
Q.お二人のこだわりポイントは何でしたか?
  • 入籍後、新郎の海外駐在のため2年間インドで過ごしました。帰国してからの挙式だったので、思い切って「インド感」を盛り込んだ内容に。
    ・ お色直しはインドの民族衣装。ボリウッド映画風の予告ムービーを流し、ターバン姿の新郎とサリーを纏った新婦の入場で会場中が驚きに包まれました(笑)
    ・ ウエディングケーキは、皇帝が愛后のために作ったという墓廟「タージマハル」型。パティシエさんはタージマハルの由来などを独自に調べて作ってくださったそうで、思った以上のクオリティーにゲストも私達も大満足でした。
    ・ インド駐在時代の現地スタッフからお祝いムービーが!
    ・ プチギフトはインド名産の紅茶。
    その他のこだわりは、
    [挙式]和装で宴内人前式。和菊をモチーフにしたウエディングツリーにゲストの拇印を頂き、皆様の前で誓いの言葉を述べました。
    [料理]遠方のゲストも多かったので、一品目は熊本の郷土料理を出して頂きました。
    [ブーケ・小物など]ブーケは伯母の手作り、リングピローはスピーチもお願いした親友夫婦と新婦の合作、和装の髪飾りは新婦がつまみ細工で手作りしました。
    [写真・ビデオ撮影]ゲスト全員との写真を収めたかったので、テーブルフォトを入れました。アルバムはミニブック2冊付のプランにして両家両親にプレゼントし、とても喜ばれました。
    [前撮り]白無垢は写真で残しておきたくて、桜の季節に熊本城で撮りました。
Q.結婚披露宴を終えられてのご感想や特に印象に残っている事は何ですか?
  • もともとの挙式日が熊本地震の本震にあたってしまい、9月に仕切りなおしてようやく結婚式本番を迎えることが出来ました。ゲストの方々からも「この日を楽しみにしてたよ!」とお声がけいただき、笑顔溢れる最高の一日になりました。
    また、震災後に妊娠しまして、ウェルカムスピーチで懐妊報告ができたこと、おなかのベビーと家族3人で挙式できたことが思いがけず嬉しい思い出となりました。
Q.これから結婚するカップルへアドバイスをお願いいたします。

最初は何から始めていいのか戸惑うことも多いかと思いますが、頼もしいプランナーさんが親身になってお二人を導いてくださるのでご安心下さい。
テーマが決まると大変な準備もだんだん楽しくなってくるので、二人で協力して最高の一日を迎えてくださいね。

Q.ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイのスタッフへメッセージがございましたらお願いいたします。

思いがけない天災を経て、スタッフの皆さんにはとても親身になって支えて頂きました。
私達の希望を一生懸命形にしてくださった岡本さん、震災後の再打ち合わせとフォローをしてくださった有働さん・福田さん、大好評だったお料理・ケーキを準備してくださったシェフの皆様、楽しい時間を支えてくださったサービススタッフの皆様、この日を迎えるために尽力してくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも家族の記念日などでお世話になりたいと思っています。本当にありがとうございました!